全身脱毛にいくらかかるのか?おすすめサロンを比較!

急増中!全身脱毛にトライしてみたい!

脱毛サロンでの脱毛料金が手ごろになっていることに伴って、全身脱毛にトライする女性も増えています。自己処理では、どうやっても満足いく仕上がりにはなりませんよね。必ずまたムダ毛は生えてきてしまいます。

 

今はシーズンを問わず、美しい肌でいることは女性の常識となりつつあるでしょう。そんな時に、プロの手によって全身脱毛を始めたいと考えることが多くなります。

 

脱毛サロンで採用されている光脱毛は、ニードルでの脱毛のような痛みがありません。施術する部位にもよりますが、輪ゴムではじいた程度の痛みで脱毛していくことができるのです。

 

全身脱毛をするにしても、大きな苦痛を感じなくてもよいでしょう。さらに一本ずつ施術していくのではなく、脱毛機の照射面積に応じて施術していけます。そのため、所要時間も短いですし、かかる費用も抑えられるのです。

 

とはいっても、料金設定は脱毛サロンによって違いがあります。またキャンペーンや紹介制度によって、安くなることもあることを知っておくとよいですね。

 

全身脱毛ということは、やはりそれなりに費用も必要です。もちろん脱毛を終わるまでの費用は抑えられたほうがよいのです。

 

けれど安いから十分な脱毛の効果が得られないということになっては、まったくサロンに通う意味がないでしょう。脱毛機の違いやスタッフの技術や脱毛での知識などによって、サロンによって脱毛効果に違いがあるのです。

 

全身脱毛では特にどこのサロンを選ぶのかということが、とても大切になってきますよ。
人気の脱毛サロンをランキングにしましたので、参考にしてみてくださいね。

 

 

キレイモの特徴

・安心月額固定!全身33か所9500円

・スリムアップ脱毛は業界初!

・月1回の来店で2回分施術、予約が取りやすい!

評価 評価5
キレイモの総評

33か所の全身脱毛が月額固定の9500円で受けられるキレイモ、一般的には全身脱毛に含まれていない顔脱毛も追加料金なしで受けられます。

施術後には肌の引き締め効果が期待できる保湿ローションで仕上げます。93%の方に脂肪組織の厚みの減少がみられた本格的なスリムアップです。

一度の施術範囲が広いため通常2回かかる施術がキレイモなら1回!予約の取りやすさが実現する理由です。

 

 

銀座カラーの特徴

・全身脱毛し放題!22か所月額6800円

・予約の仕方が豊富

・営業時間が長く通いやすい

評価 評価4.5
銀座カラーの総評

22か所の全身脱毛には顔は含まれていません。銀座カラーの脱毛プランは非常に豊富に用意されており、自分に合ったプランの選択ができます。

予約が取りやすくなったと評判の銀座カラーですが、実は予約方法を豊富にしたことがその理由です。コールセンター、ネット、そして施術後にサロンで次回予約もできます。

また、平日は夜遅く、土日祝日は午前中から営業をしているため社会人の方でも無理せず通うことができます。

 

 

脱毛ラボの特徴

・最新マシンで施術時間半分

・最短2週間に1回の施術

・営業時間が22時までの12時間営業

評価 評価4
脱毛ラボの総評

最新の連射脱毛マシンが導入され、全身の脱毛施術時間が60分から90分程度と短くなりました。従来は120分から150分はかかっていたことを考えると大幅な短縮、そして施術予約枠が空いたことで予約が取れやすくなっています。

一般的には2か月に一度の施術ですが、脱毛ラボでは最短2週間に1回の施術が可能です。閉店時間も遅く22時まで営業をしているため仕事帰りにも無理がありません。

 

 

ミュゼの特徴

・肌に優しいS.S.C方式の美容脱毛

・勧誘がない!

・全国180店舗以上!サロンの移動が自由

評価 評価4
ミュゼの総評

ジェルの上からライトをあてて脱毛するS.S.C方式の脱毛は肌を傷めずにスピーディーなお手入れができます。トリートメントにはミュゼオリジナルのミルクローションが配合され美肌効果も大きく期待ができます。

公式ホームページで宣言しているだけではなく、実際の利用者の口コミを見てもミュゼでは強引な勧誘がないことがわかります。

公式ホームページにはなんでも自由に質問ができるチャットが用意されており不安を解消してから申し込みに進むことができるのも、顧客満足度3年連続ナンバー1に納得です。

 

 
シースリーの特徴

・脱毛品質保証書発行で納得いくまで何度でも!

・空き時間のお知らせサービス

・ドクターサポートあり

評価 評価3.5
シースリーの総評

脱毛の効果はいつまで続くのか、その不安の解消するのが脱毛品質保証書です。期間内で効果が出ていない場合も、数年度に毛が復活したとしても無償のメンテナンス保証です。

当日翌日などの急なキャンセルがあった場合、その空き枠をすぐに教えてくれる「かよエール」メールが届くサービスがあります。

日本医療美容研究協会に加盟しているシースリーでは脱毛が原因のトラブルがあった場合すぐに提携の医療機関を紹介してくれます。さらに治療費は全額シースリー負担となっており万全の安心体制です。

 

全身脱毛〜いくらくらいかかるの?

全身脱毛は施術を受ける部位がどうしても多くなります。脱毛が完了するまでの費用が気になりますよね。

 

全身脱毛に対応しているサロンによって、やはり料金に違いがあります。また「全身」と書いてあっても顔は含まれていなかったり、vioは含まれていなかったりという違いもあるため注意が必要でしょう。

 

また、月額定額制のサロンと回数限定サロンもあります。

 

月額サロンは毎月決まった料金を支払っていくシステムです。脱毛完了まで一定料金で施術できること、結果が出るまで支払う料金に大きな変化が出ないことが特徴となります。

 

回数限定サロンは、6回、8回などの施術回数が決まっているシステムです。8回で○万円といった料金設定になっていますね。この回数で脱毛が完了すればよいのですが、そうではない場合はさらに追加料金などが必要になります。

 

実際に脱毛の施術を受けてみないと、どんなペースでムダ毛が減っていくのかなどはわかりません。そのため、予算をきっちりと立てておいても、予定外の金額が必要になることもあるでしょう。

 

20万円で完璧に脱毛できるといったことは、断言できません。ただし、月額料金と脱毛のために必要な回数からある程度金額の予測はできます。4回パックのコースなどもありますが、通常脱毛の効果を実感できるのは6回以上といわれているのです。

 

月額制は、毎月支払う金額は1万円以下のサロンも多いですね。また回数パックで何十万円かの設定になっていても、月々分割で支払う方法を採用しているサロンもあります。

 

1回の施術で脱毛は終わりません。継続して通うことが前提ですから、支払いやすい方法がある脱毛サロンを選ぶことが大切になってくるでしょう。

 

ココがおすすめ!脱毛人気サロン総額比較

人気の高い脱毛サロンは、やはり価格もおすすめのところが多いです。安心して全身脱毛できる価格設定のところばかりですね。

 

けれどもちろん料金には少しずつ違いもあります。

 

  1年間を基準とした料金 注意点
キレイモ 月額¥9,500×12ヶ月=¥114,000
・上半身と下半身を1ヶ月ごとに施術
・パックプランなら同じ金額で1回で全身施術
エタラビ 月額¥9,500×12ヶ月=¥114,000
月額¥4,980×12ヶ月=¥59,760
・全身を4分割して1ヶ月に2回のペースで通う
・月額¥4,980は10部位から選んで施術
シースリー 月額¥7,000×12ヶ月=¥84000 1回で全身施術も可能
銀座カラー 月額¥9,900×12ヶ月=¥118,800 顔を含まないプラン
脱毛ラボ 月額¥4,990×12ヶ月=¥59,800 新しい脱毛機ラボ・マシンガンが導入されているかどうかで施術時間が変わる。
ミュゼ

回数制全身脱毛コース

☑ 4回¥84,000〜

(キャンペーン価格)

☑ 6回¥126,000

(キャンペーン価格)

 
エピレ

回数制全身トータルプラン

4回→¥117,400

6回→¥176,100

8回→¥229,800

パーツを24部位選ぶ

 

サロンによって、全身脱毛なら1回で施術する部位が違います。そのため通うペース(月1あるいは月2など)が重要になってくるでしょう。

 

 

脱毛サロンがある場所が首都圏や大都市などなら、予約がとれるかどうかも大きな問題ですね。月額料金は低くても、予約がなかなかとれず、通う期間が長くなると最終的な金額が変わってしまいます。

 

さらに、脱毛の結果がどうでるかは個人差もありますし、部位でも違ってきます。この部分で追加料金設定がどうなっているかなども、サロンを比較しておきましょう。

 

またこの表では6回を通うベースとして算出しています。

ですが、6回なら完了した時点で自己処理が必要な状態である部位もあるでしょう。

 

仕上がりの希望によっては、通う回数に大きく違いが出てきます。また、痛みが強い部分は脱毛機の照射パワーを下げるため、施術回数が増える可能性もありますね。

 

金額に関しては、予算も含めてカウンセリングなどで納得できるまで確認しておかないと、支払いに問題を感じるようになるかもしれません。

脱毛サロンで全身脱毛するべき理由

全身脱毛するなら、断然サロンがおすすめです。まだまだ自己処理している方も少なくありませんが、どうしても処理しにくい部位もありますよね。

 

背中やうなじなど自分で処理するのは難しくコワイと感じる部位があります。またvioなどデリケートな部位も自己処理は不安しかありませんよね。

 

最近では家庭用の脱毛器でも、エステサロンと同じもの、と書かれているものも販売されています。しかし、照射のパワーや照射面積などはまったく違っているといってよいでしょう。自宅用では、やけどなどのトラブルにならないような、最小の出力になっている脱毛器がほとんどです。

 

また、vioパーツは誰かに見られるのが嫌だから、自分で処理したいという方も多いでしょうか。しかしサロンのスタッフはもちろん脱毛のプロです。もちろん同性ですし、お任せしてしまっても何の問題もないでしょう。また、紙パンツの提供があるサロンなら、ずらしながら照射していきます。

 

全部脱いでしまって処理ということにはなりません。紙パンツがない場合でも、タオルなどでカバーして、照射するところだけを出している状態となります。

 

自己処理ではお肌の荒れだけでなく、埋没毛、毛穴の広がりなどトラブルを起こさずにキレイになることはまず難しいのです。

 

ムダ毛はないけれど、他にたくさんの問題を抱えてしまうと、脱毛の意味も半減以下でしょう。

 

 

価格も、支払いやすい月額制や、期限なしの保証がついているサロンなど、安心して利用できるところが増えています。